FC2ブログ

記事一覧

ひさびさに、Access で戯れると ・・・

 
※また、しばらくして忘れた頃に、依頼があったときのための「覚え書き」ですので、

 「いまごろ、そんな情報知ってますよ」 な方は、スルーでお願いいたします。


久々に、Access データベースの修正依頼があって、

古いバージョンのデータベースを、最新の Access2016 に適応するための作業。

access1-s.jpg
※本文と画像はそんなに関連ありません(笑)


昔、触ってたころの古い Access は、画面(フォーム作成)がショボくて、

ユーザーインタフェイスも複雑なので毛嫌いしてたのを思い出した。


久々の Access2016 は、リボンインターフェイスでキレイに見えるけど、

設定部分が複雑なのは昔のまんまだね。

「自由度が高いから」と言ってしまえばそれまでだけど、

「テーブル」「クエリ」「フォーム」・・・それぞれに表示される無数のプロパティシートは、

他のアプリ(Excelなど)の比ではない。

目がなれるまで、やっぱ時間がいるな~(汗)


なんとか、作業をこなして、実行用のPCで検証。


実行用のPCには、Access は入っていないので、

「Microsoft Access 2016 Runtime」をダウンロードしてインストールと ・・・ できない!?

2-s.jpg


なんで?

「クイック実行形式インストーラー版」って、なに~???

Microsoft のHPで探してみたら、

「クイック実行形式(Click to Run)」で、通称「C2R」というらしい。

参考:同じ PC にインストールできる Office 製品について - Microsoft Office 2016


Office2010 までは、「Windowsインストーラーテクノロジ (MSI)」というインストーラーだけど、

Office2013 からは、「クイック実行形式(C2R)」というインストーラーになったってこと。


Office2013 といえば、パッケージがペラペラの紙にプロダクトキーが印刷されているだけの、

「ダウンロードしてインストしてね」、という形になったバージョンからなんだな。

そうそう、ダウンロードするために、わざわざMicrosoftアカウントを登録しなきゃいけなく面倒になった。

客先のネットが遅いので、自分のアカウントで、インストールファイルをダウンロードして持っていたら、

ライセンスが自分にヒモ付けされて、Microsoftのサポートに電話して直してもらった事もあったな~(^_^;)


確かに、テスト用のPCには、Office Personal 2016(Excel,Word) がインストールされている。

そして、C2Rインストーラーかの見分け方は、

メニューの「アカウント」を開くと、「Excel のバージョン情報」の上に、

「Office 更新プログラム」が表示されていると、「C2Rインストーラー」だということ。

 ・・・ たしかにね!

8ce-s.jpg


それじゃ~「Microsoft Access 2016 Runtime」が、「MSIインストーラー」なわけ?

2016 なのに? ダウンロードなのに?

残念ながら、「Microsoft Access 2016 Runtime」が、

「MSIインストーラー」である、確認の仕方はわからずなんだけど、そうなんだろうと結論。


「C2Rインストーラー」でインストールされたPCには、

「MSIインストーラー」のソフトはインストール出来ない。


その、対処方法がココに書いてあるんだけど、

参考:同一コンピューターでクイック実行および Windows インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない


対処方法が 「PC から Office をアンインストールする」 ・・・ おいおい (^_^;)

できるわけないじゃん、やる気あんのかMicrosoft! と、怒りながら Webページをみていたら、

9_20181224212659792.jpg
画像引用:同じ PC にインストールできる Office 製品について - Microsoft Office 2016


もしかして、「Office Personal 2016」に、「Access 2016 Runtime」はダメだけど、

「Access 2013 Runtime」は、OKだったりして。


やってみるしかない、

「Access 2013 Runtime」をインストールしてみたら、すんなり入ったね。


とりあえず、Access 2016 のデータベースは動くのでなんとかなったけど、

この件については、Microsoftは放置なのかな?

今後どうなるんだろう。

※誰か、情報有ったら教えて~(^_^;)


そして、もう一つ、気になったこと。

新しくなったデータベースを起動させると、毎回、セキュリティ警告が表示される。

access0-s.jpg


「開く」をクリックすれば済むんだけど、毎回だと、うっとうしいね。

Access がインストールされていれば、

「セキュリティセンター」ダイアログボックスから、「信頼できる場所」に、

データベースファイルを置いている場所を指定すれば良いんだけど、

Runtime なので、そんなダイアログボックスなんて無い。


Access をインストールしているPCの、レジストリを辿ると、

[Office] [Access] [Security] [Trusted LOcations] の下に

[Location0] というところに、「信頼できる場所」の情報が書き込まれているので、

access1.jpg


この部分を、Runtime で稼働させるPCのレジストリに、

移植すればセキュリティ警告が表示されなくなるみたい。

access2e.jpg




※あくまで、「やってみたらうまくいった」的な情報なので、よい子はまねしないように。

 なんか、ちょっとモヤモヤするな~。






Twitter_K2_カエル君s

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation