FC2ブログ

記事一覧

さすらいの準備 - 携行タンクの設置

 
久々に、トリッカー(GX250) を引っ張り出してきて、プラグ交換。

DSCF5194.jpg


前回の交換から、14,000 km ぐらい (ちょっとわすれてたね・・・スマソ)

ギャップが開いてた。 中心電極が減った?

DSCF5196_2018060121251758b.jpg


昨シーズンは、500 kmぐらいしか走ってなかったけど、新しいシーズンの行事で。

オイル交換と、

買い置きがあったので、フィルターもやっとくか。

DSCF5162_201806012131542ad.jpg


アンダーガードをはずして。

DSCF5156_20180601213151551.jpg


オイルは、すごくきれい。 (もったいなかったかな)

あれ? ドレンボルトにワッシャーがない?

DSCF5159.jpg


と、思ったとき ・・・ ポチャン!

おやくそくの、ワッシャー捜索。

DSCF5163.jpg



トリッカーを引っ張り出してきた理由は、もう一つ。

こいつも、タイカブを一緒で、燃料タンクが 7.2 L しかなくて小さい。

35 km/L ~ は走るので、計算上は 200 kmは行けるはずなんだけど、

150 km ぐらいで燃料警告灯が点灯。


まだ、だいじょぶと思っていても、やっぱり精神衛生上よくないよね。



それで、タイカブにと準備していたモノを試してみたい。

以前は、こんな携行タンクを使っていたんだけど、容量が 3 L で、

ちょっと小さいんだよな~、しかも、なんか使いづらい形だし。

DSCF5244.jpg

DSCF5245_20180601214339097.jpg


四角くてすっきり、4 L ぐらいのがないかな~と、探していたけど、

ありそうで、なかなか無い!


ラリーバイクの写真をみていたら、サイドバックの位置に、

へらべったい赤い箱が ・・・ これは、きっとガソリンタンク!


なんか、いい形。


どっかで売ってるのかな~と、ひたすら画像を探して、

あった! 「ROTO PAX」と言うらしい。


「ROTO PAX 1 Gallon 3.8 L 」

残念ながら日本ではまだ販売されてないらしいので、

カルフォルニアから、送ってもらって。

※現在は、日本の販売代理店が出来たらしいです。

DSCF5204.jpg


灯油のポリ缶と同じ材質(たぶん)、だけど、厚みがかなりあって強そう。

メーカーのWebサイトでは、「車でひいてもこわれないよ~」 なんてのっている。(普通ひかないだろ!)


トップケースにちょうどいいサイズ。

DSCF5243.jpg


サイドパニアにも、すっぽり入る。

DSCF5203.jpg


それだけではない、ROTO PAX の、おもしろいところは、

車外に取り付ける事が出来る、その方法。


トップケースの上に、専用のアタッチメントを取り付ける。

DSCF5202.jpg


裏側には、アルミ板で補強して。

DSCF5199.jpg


ROTO PAX の真ん中の穴にセットして、ノブで締め込むと簡単に固定と取り外しができる。

DSCF5205.jpg


なかなか、おもしろい。

DSCF5210_201805312335157ca.jpg





これで安心して、さすらえるかな。






Twitter_K2_カエル君s
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Page Navigation