FC2ブログ

記事一覧

フラッシュメモリを挿すとリセットに!?

特定のフラッシュメモリを、挿すとブルーバックエラーでリセット

なんか最近、ブルーバックが続くな~(-_-;)


Windows 7(Pro/64bit)が、ブルーバックなんて!

よっぽど・・・?


IMG_1013c.jpg


エラーメッセージを見ると、アンチウィルスなんちゃらとか、ドライブをチェックしてね!とか書いてある。



PCは、HP ProBook 4730s

フラッシュメモリは、SONY SOK-USM4GL

IMG_1015c.jpg


エラー状況を検証してみた。

HP ProBook 4730sに対して

1.SONY SOK-USM4GLは、同じ物が3個有り、どれを挿しても同じ症状(エラー発生)

2.別なメーカー製のフラッシュメモリは、異常な現象は起こらない(複数確認)


別なPC(HP製)に対して

1.SONY SOK-USM4GLは、どれも正常動作(データの読み書きもできる)

2.別なメーカー製のフラッシュメモリも、もちろん異常な現象は起こらない


不可思議な状態・・・(-_-;)


アンチウィルスソフトは、ソースネクストの「スーパーセキュリティZERO


とりあえず、アンチウィルスソフトを停止させて試すものの変化無し。

それもそのはず、症状が出ない、正常な別PCにも同じ製品が入ってるんだけどな・・・




別なPCで、SONY SOK-USM4GLの内容をバックアップした後、再フォーマットしてみる。

フォーマット形式を、FAT32とNTFSで試すが、相変わらずエラー。



HP ProBook 4730sと、別なPCとは性能や、購入後インストールしたアプリケーションソフトは、ほぼ同じ。



HP ProBook 4730sにインストールされているソフトを調べていたら、
「HP ProtectTool Security Manager」と言う物を発見!

なんだかわからないが「Security」と言う文字が気になる。

調べてみたら、5つのソフトで構成されているみたい。

・HP ProtectTool Device Access Manager
・Face Recognition for HP ProtectTools
・File Sanitizer For HP ProtectTools
・Privacy Manager for HP ProtectTools
・Theft Recovery

「HP ProtectTool Security Manager」をアンインストールするためには、これら5つのソフトを先にアンインストールする必要があるらしい。


なんか「HP ProtectTool Device Access Manager」が怪しい。

フラッシュメモリを挿入すると、「スーパーセキュリティZERO」がスキャンを始めるが、コレも同じくスキャンを始めるために衝突してたりして?

ま、考えても時間の無駄なのと、どのみちあまり必要でもないので、キレイにアンインストールする。



・・・その後



フォーマットしたSONY SOK-USM4GLを、HP ProBook 4730sに挿してみると、今度はエラー(リスタート)が起こらなくなった。


・・・が、全く反応もしなくなってしまった。


あらら・・・新たな問題ですね。



一応、デバイスとしては認識しているらしく、デバイス マネージャーには「USB大容量記憶装置」なんて出てくる。


間違ったドライバーが読み込まれている可能性があるので、該当装置を削除!

IMG_1017c.jpg


その後、あらためてSONY SOK-USM4GLを納入すると、今度はきちんとデバイス名を表示して、フォルダが開けるようになりました。


何が原因で、SONY SOK-USM4GLが異常動作をし始めたのかは不明。











Twitter_K2_カエル君s
関連記事

検索フォーム

Page Navigation