FC2ブログ

記事一覧

Tera Station PRO ハードディスク換装記-⑤-

「RAIDアレイ1をチェック中しています」が延々続いてレスポンスは多少低下していますが、TeraStationの全機能は正常に使用できるみたいです。共有フォルダや、アクセス制限の設定もRAID構成を解除したときに、削除されてしまったので復旧します。これには、BUFFALOから提供されている「NAS設定保存・復元ツール」を使用すると便利です。あらかじめ設定内容をこのツールで保存しておくと、後で簡単に設定を元に戻すことが出来ます。...

続きを読む

Tera Station PRO ハードディスク換装記-④-

TeraStationに1TBのHDDの換装したものの、RAID構成を保持したままだと、やはり全容量は増えません。予想はしていたものの、現状までデータを保全して作業を行ってきたので名残惜しい気持ちです。決心してRAID構成を解除します。解除は早い! ほんの数秒でした・・・(^_^;)さて、新たな気持ちでRAID5の構成をします。 やはりRAID5の構成の場合、HDDの台数は4個で無いと出来ません。RAID0、RAID1とも、HDDの構成がイラストで表示さ...

続きを読む

Tera Station PRO ハードディスク換装記-③-

HDD1のリビルディングも終わり、通常動作に戻ったTeraStation通常の障害時は、迅速・安全にHDDの交換ができることを確認しましたし、容量の違うHDDの装着も何の問題もなく行えることもわかりました。HDDの障害時の他に、任意にTeraStationに格納しているデータを温存しながらHDDの交換を行えますね。シャットダウンした後に、1個のHDDを交換して再起動してリビルディングすれば、HDDの交換作業も終わりです。定期的にHDDを交換して...

続きを読む

Tera Station PRO ハードディスク換装記-②-

バックアップに丸一日、おおよそ1.2TBのデータを別なHDDの移し替えるのにはさすがに時間が掛かります。そして、交換用HDDを何とか調達しました。容量は迷ったのですが・・・今回は1TBでいきます。1TBx4で合計4TBですが、RAID5構成では、HDDの1台分の容量がパリティに使用されるので、実行容量は3TBになるはずです・・・たぶん※RAID5での実行容量はHDDの構成台数で変わりますしかし、HDDの価格も安くなりましたね。1TB/1万円を軽く...

続きを読む

Tera Station PRO ハードディスク換装記-①-

仕事関連データのストック用に使用しているBUFFALOの「TeraStation PRO」2TB(500GBx4)モデルである。使用開始して3年ほど、RAID5構成での実行容量約1.5TBも空きが少なくなったのが気になっていた。内蔵されているハードディスクドライブ(以後HDDと記)500GBを大きな物と交換すればと考えていたものの、価格が安くなってきたHDDであるが一度に4台ともなると・・・ということで二の足を踏んでいた。しかし、それは突然訪れてしまっ...

続きを読む

検索フォーム

Page Navigation